月別アーカイブ: 12月 2008

Apophysis : 無題 20081228 02

無題 20081228 02

この画像を作るにあたっては、こちらのサイトを参考にさせていただきました。 作者の「Claire Jones」さんに感謝!

チュートリアルでお勉強はしてみたんですが、どうも上手く使いこなせていないようです(汗)。 上手く使えると、凄いのが造れるようなのですがねぇ。 どんなのかって、こんなのです。 この作品はドロー系のソフトを使わないで作成されたのでしょうか。 だとしたら、底知れないものを感じます。 なんというかこう、自分で作るのがバカらしく感じるほど素敵な作品ですね。 素晴らしい!

広告

Apophysis : 無題 20081228 01

無題 20081228 01

この画像を作るにあたっては、こちらのサイトを参考にさせていただきました。 作者の「nemopaice」さんに感謝!

食虫植物みたいですねぇw 基本の構成はチュートリアルに忠実なのですが、トゲトゲの感じは大きくアレンジしています。 基画像が気になる方は「nemopaice」さんのサイトのチュートリアルを参考にして再現してみてくださいね。

さてと、そろそろ以前にストックしていたチュートリアルが無くなりつつあります。 またネットを調べて仕入れないといけないですねぇ。 どこかに素敵なチュートリアルはないかなぁ(笑)。

Apophysis : 無題 20081227 05

無題 20081227 05

今日五つ目の画像です。 この画像を作るにあたっては、こちらのPDFを参考にさせていただきました。 作者の「CygX1」さんに感謝!

凄いですねぇ、ワイヤーフレームのチューブですよ。 よく考えましたねぇ。 左の画像は複雑そうに見えますが、基本はチュートリアルに書かれているように、とてもシンプルです。 どんな形状が基本になっているかというと、こんな感じです。 これを他のバリエーションと組み合わせるわけですが、使えるバリエーションは案外、限られているのかもしれません。 なにが使えるのかは、ご自身で確認してみてくださいね。 結構時間をかけて作成した画像なのですが、やはり、本家の作品には遠く及びません(汗)。 まだまだ研究の余地ありです。

Apophysis : Title : Sauron

Title : Sauron

今日四つ目の画像です。 この画像は、何かのチュートリアルを基にしてお勉強している最中に、大きく自己流アレンジをし始め、結果として全く別物に仕上がった作品です。 もう、何のチュートリアルだったか忘れちゃった(汗

カラーリングを調整している最中に、あるものをイメージしました。 この画像のタイトルは「サウロン」にします。 そうそう、ロード・オブ・ザ・リングの「あの目」です。 ウェイトの感じといい、周囲の簿妙なボケ加減といい、なかなかのお気に入りです。

さてと? これで自分の作品のストックはなくなりました。 またちょっと、チュートリアルのお勉強をしながら画像を公開しますね。

Apophysis : Title : Spark

spark

今日三つ目の画像です。 この画像は、諸々のチュートリアルを勉強する以前に作成していた画像です。 タイトルを付けるほどのものではないですが、一応「SPARK」としておきましょうか。 え? 安直過ぎる? ははは。

まだまだ複雑さの無い、比較的シンプルな作品ですね。 まぁそれでも、それなりに微調整はするわけです。 微調整前は、実はこんな感じで OK かなと思ってました。 がしかし、調整前だと弾ける感じに乏しいですよね。 逆に調整後は「SPARK」を意識しすぎて演出過多かもしれません。 粒子感は調整前の方がありますからねぇ、う~ん、難しいものです。 時間が出来たらまた、納得のいく調整をしてみたいと思っています。

Apophysis : 無題 20081227 02

無題 20081227 02

今日二つ目の画像です。 やはりジュリアンを使った作品となります。 この画像は実は、チュートリアルを勉強する以前に作成していたものです。 形状が微妙に曖昧になっているのですが、この画像の特徴は色です。 色を変更すると、コロコロと模様が変化します。 これは、ジュリアンでは新しい発見でした。 ジュリアンの代表例というと、チュートリアルにもあるような画像になるのでしょうね。 比較的にハッキリとした形が出る作品が多いと思いますが、色の変化で文様が変化するのも、また面白いです。 怠惰にも、カラーバーをクルクル回しているだけで文様が変化するので楽でもあります(笑)。

次回は少しジュリアンから浮気して、自分で作成した画像を 1 つ 2 つアップしようかと思っております。

Apophysis : 無題 20081227 01

無題 20081227 01

今回も自分で作成した画像のアップとなります。 Apophysis で作成した画像は、どのように作れば自分の作品と呼べるのでしょうね。 少々悩みます。 多分、今回の画像ぐらいでは作品と呼べないのでしょうねぇ。 何でって、ちょっと知ってる方なら作れてしまいますからねぇ。 とはいえ、この画像のトランスフォームがどこかに掲載されているのかといえば、それは(たぶん)無いわけで、その意味ではオリジナルになってしまう・・・。 いったいどこからがオリジナルと言えるのか、別に定義も無いです。 う~ん、悩ましい(笑)。

さて今回の画像、実はすでにこのHPで掲載している画像を加工し直して作成しました。 ベースにした画像がどれだかわかりますか? それは、この画像です。 えぇ、全く違う画像ですねぇ。 ですが、そのフレームデータを開いて、ジュリアンの要素を少し足して調整しただけです。 構造自体の変化は少しでも、結果がまるで違う。 これが「調整」なのか「新作」なのか迷う一因でもあります。 たぶん数学に詳しい方なら、「それはまったく別物」という判断になるのかもしれませんが、私にはそう思えないのが、なんともな感じです。

Apophysis : 無題 20081226 01

無題 20081226 01

今回の画像は、久しぶりに自分で作成した作品です。 まぁ、まだまだ作品というには稚拙なのでしょうが、折角、ジュリアンのチュートリアルで遊んだことですし、自分なりに作ってみました。 最初から狙って作ったと言う感じではなく、やはり、弄っていたらなんとなく出来てしまったに近いです(汗)。 なんとなくジュリアンの係数をいじっていたら、レース模様のように見えてきたので、色もなんとなくそれっぽくして、輝度も潰して調整してみました。 ジュリアンはいじっていたらきりが無いし、気が済むまで調整している時間も無いので、概ねこんな感じだろうというところで留めています。 暫くはジュリアンで遊んでみましょうかねぇ。

最近は、自動生成の画像でも遊んでいます。 以前はトランスフォームの数が多ければ複雑な画像が出来るのかと思っていましたが、どちらかというとピンボケな作品が多いので、三角の数は 2 ~ 6 に絞って、バリエーションも 4 つぐらいに減らしました。 この方が特徴のある画像が生成されて良い感じです。

Apophysis : 無題 20081225 01

無題 20081225 01

この画像を作るにあたっては、こちらのサイトを参考にさせていただきました。 作者の「Claire Jones」さんに感謝!

確かに「Claire Jones」さんのチュートリアルを参考にさせていただいたのですが、このような図形はチュートリアルに載っていません。 なので、チュートリアルの画像が気になる方は、上記のリンクを参考にしてくださいね。

ジュリアンは本当に飽きませんねぇ。 ちょっと弄るだけでめまぐるしく画像が変化して、とても楽しいです。 想像もしていない模様が次から次へと現れるので、毎回新鮮な驚きがあって、本当に素敵です。

Apophysis : 無題 20081224 02

無題 20081224 02

この画像を作るにあたっては、こちらのサイトを参考にさせていただきました。 作者の「Claire Jones」さんに感謝!

今回はとても素晴らしいジュリアンのチュートリアルを再現してみました。 チュートリアルには、ご親切にフレームデータまでパックされていましたが、解説を参考に自分で作ってみました。 いや~、ジュリアンでおなかいっぱいですね(笑)。

しかし思いのほか、多くのチュートリアルが公開されているのには驚きます。 浅はかにも、こんなに公開されたら自分の作品なんて作れなくなるのではないかと思ってしまいますが、ジュリアンだけで考えても凄いバリエーションがあるので、大丈夫なのでしょうね。 まぁ気にしないで、暫くはチュートリアルでお勉強させていただきましょう。

Apophysis : 無題 20081214 01

無題 20081214 01

今日もまず、自分で作った画像のアップです。 モヤモヤっとした煙のような画像も幻想的で綺麗ですが、今回みたいにはっきりした画像もまた綺麗です。 設定は以下の通りですが、今回はちょっと、トランスフォームの数が多いです。

トランスフォームの数は全部で13個もあります。 配置はこんな感じ

それぞれの設定は、 トランスフォーム1 トランスフォーム2 トランスフォーム3トランスフォーム4 トランスフォーム5トランスフォーム6 トランスフォーム7トランスフォーム8トランスフォーム9トランスフォーム10トランスフォーム11 トランスフォーム12 トランスフォーム13

トランスフォームが13 個もあるけど、大きくは 3 タイプなのでパターンがわかってしまえば簡単ですね。 この形状の決め手はやはり、 julian の設定でしょうねぇ。 このタイプはまだまだ遊べそうです。

Apophysis : 無題 20081213 02

無題 20081213 02

今回も自分で作成した画像のアップができました。 例の如く、まだまだ使いこなしているとは言えない状態なので、設定をいじっていて出来ちゃった画像です。 設定は以下の通り。

トランスフォームの数は全部で 5 つ。 配置はこんな感じ。 それぞれの設定は、トランスフォーム 1 はこれ。 トランスフォーム 2 はこれ。 トランスフォーム 3 はこれ。 トランスフォーム 4 はこれ。 トランスフォーム 5 はこれ。 カラーの設定はトランスフォーム 1 が「ゼロ」、 2 が「0.2」、 3 が「0.4」、 4 が「ゼロ」、 5 が「0.85」です。

丸い形は初めてでした。 この形状の決め手は、トランスフォーム 1 の swirl の設定ですね。 これは一つ勉強になったなぁ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。