日別アーカイブ: 2008/12/01

Apophysis : 無題 20081201 01

無題 20081201 01

これも習作です。 昨日の画像のアレンジです。
設定はこちらを参考にしてください。 設定画像の右下に、暗い青の三角があるので注意してください。 各三角の設定は全て、 linear の値が 0.5 です。

今回は、レンダーの設定をメモしておきましょう。 レンダーのボタンはコレですね。 レンダーの設定は私もよくわからなかったのですが、「SeventhGraphics」の涼さんの設定に準じています。 こんな感じです。

赤枠部分左側。 サイズはご自由に設定してください。
赤枠部分右側。 これは、これ以上に数字を大きくすると計算時間が多くなるようです。
Quality は画質ですね。 大きくすると計算に時間が必要になるのは安易に予想できますね。
Filter Radius はたぶん、描画する各点のボケ足の設定ではないかと思っています。 数字が小さいと画像に粒子感を感じるだろうし、大きすぎると滑らかすぎ(ぼける?)になると思います。
Oversample は、大きくレンダリングして、その結果を縮小するための数字です。 値が 2 だと、2 倍で画像を生成し、その結果を縮小するようです。 こうすることで、より精細な結果を得られるようです。

黄色の枠の部分は、生成する画像を保存するパスです。 任意に設定してください。
レンダリングをすると、画像を保存するのと同時にエディット情報が「renders.flame」という名前で保存されます。 これを取っておくと、そのファイルを開くとまたいつでもレンダリング可能です。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。