襲の色目・春

理由はわかりませんが、色を扱う場合には「和の色」が気になります。 自分のサイトを作成していたときに、どうしても綺麗な配色が出来ずに悩んで、ある本を購入したのですが、そのなかで「襲(かさね)の色目」というのが紹介されていました。 正直、サイトの配色にはあまり参考にならなかったのですが、Apophysis のグラディエントには使えるかもしれないと思ったので、作ってみた次第です。

日本人は色に敏感と聞きますが、平安時代には感じ取った色を表現することが技術的に難しかったのでしょう。 あまり多くの色は使わず、「生絹(すずし)」のような生地質を利用して、透かして見える色も一色としておしゃれをしていたのだと思われます。 基本的な色数が少なかったので、グラディエントを作るにあたっては微妙に色を変更しています。 なので、史実に忠実ではありません。 グラディエントは、開始と終了の色に「表」の色、中間部分に「裏」の色を使って、グラデーションが切れないように作っています。

「襲の色目」には春夏秋冬があるようなので、以後、残りの季節を作ってみようと思っております。

グラディエントデータはこちら(↓)からダウンロード願います。

◆KASANE NO IROME – HARU by ~muzucya
http://muzucya.deviantart.com/#/d2q982l

広告

投稿日: 2010/05/24 カテゴリー: ApoMap, Apophysis, Apophysis 7X, Fractal, Gradient タグ: , , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。