初めて TopMod を使ってみた

TITLE : TEST_003

初めて TopMod を使って 3D モデルを作ってみました。 こちら(↓)からダウンロード可能です。

◆Downloads – topmod – Project Hosting on Google Code
http://code.google.com/p/topmod/downloads/list

このソフトは、使い方の情報がとても少ないと思います。 特に日本語の情報は少ないですが、チュートリアルムービーがある程度揃っているので、あまり悩まずに馴染めました。

自分用の備忘録としてカメラ操作とセーブデータについてだけ書いておこうかな。

◆カメラ操作

  • 回転 : 「Alt」を押しながらマウス左ドラッグ
  • 平行移動 : 「Alt + Shift」を押しながらマウス左ドラッグ
  • ズーム : マウスホイール

◆セーブデータ

  • 「.dlfl」と「.obj」でセーブ可能みたい。 だけど、私の環境だと「.obj」が遅いのかセーブ出来ないのか・・・? 「.dlfl」は問題なく使えた。
  • エクスポートは「.obj」と「.stl」というのが使えるらしい。 当面は「.obj」しか使わないかな。 「.stl」というのは・・・、3D Systems 社の SLA CAD というソフト用のファイルフォーマット、だそうです。 CAD 用ね。 あまり使わないかなぁ。

で、今回作成したモデルは LinkingStars という名前が付いているようで、こちら(↓)に作る方のムービーがあります。

VideoTut – LinkingStars
http://blip.tv/file/409128

いや~、何と言いますか。 色々なことが面白くないほどに簡単ですねぇ。 えぇ、簡単すぎて面白く無いです(汗)。 TopMod 自体は、ダウンロードして解凍すれば使えちゃいます。 起動して、カメラ操作にちょこっと慣れちゃえば、ビデオの映像通りに処理して、3D モデルができちゃいます。 Blender を起動して、前回のデータを呼び出し、モデルを入れ替えてマテリアル設定をし、15時間近くのレンダリングをすれば、今回の画像の出来上がりです。

諸々の情報を探すのにそれなりの時間を使っているので、実はそんなに簡単なわけではないのですが・・・、それでも、やっぱり凄い時代なんだなぁと思わずにはいられません。

ついでなので、その他の情報(リンク)も少し書いておこうと思います。

↓英語ですが、情報まとまってます。
◆Topological Mesh Modeling
http://www.viz.tamu.edu/faculty/ergun/research/topology/index.html

↓blip.tv で topmod で検索した結果です。
◆blip.tv (since 2005)
http://blip.tv/search?q=topmod

↓数少ないチュートリアル画像です。
◆How to make a Braided Torus by *pyrohmstr on deviantART
http://pyrohmstr.deviantart.com/art/How-to-make-a-Braided-Torus-70910376

↓日本語のチュートリアルです。 めずらし~。
TopModチュートリアル – みたにっき@はてな
http://d.hatena.ne.jp/JunMitani/20100418

以上かな。 少なっ!w あともちろん、YouTube 等の映像系サイトでも当たり前にデータがアップされているので興味のある方は探してみてくださいね。

広告

投稿日: 2010/07/10 カテゴリー: Blender, TopMod タグ: , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。