fociと戯れる その6

TITLE : 無題 - Untitled - 20110423-05-1638 Type : Disguise

Tool information : Apophysis 7X.15 + PhotoshopCS2

fociベースの画像アップも今回で六回目ですが、コレで最後になります。さて、今回もやっぱり、画像のアップだけです。

ファスナーのような基本構成もおおよそ見慣れてきましたし、そろそろ違うバリエーションで遊びたいですしね。fociは興味深いバリエーションなので、いずれまた引っ張り出して遊ぶことになると思いますが、今回はこれで最後にします。

今回はカラーバリエーションも含めて少し多めに画像を作ってしまったのですが、冒頭の画像は一番のお気に入りです。有機的なような無機的なような面白い模様が浮かび上がってきて、編集しながらとても興奮しました。

この画像は二つのトランスフォームにfociだけを適用して作っています。私の場合、トランスフォームが二つだとXaosを調整していません。なぜなら、T1⇔T2の関係では編集しても大きな変化を得られないと思っていたからです。「Weightで十分じゃ?」って感じですね。しかしこれは大きな間違いでした。

先日、師匠が公開しているパラメータファイル調べていたら、トランスフォームが二つでもシッカリとXaosを編集してたんです。あらら? と思って私もXaosをいじってみたら・・・。けっこう変わるもんですね。少なくともWeightとは違う変化を得られたのでちょっと驚きました。思い込みとは怖いものだと、改めて感じた次第であります。シンプルな構成で実験すればすぐにわかることだし、むかし実験したはずなのに、忘れてしまってたんですね。こわいこわい。

(↓)これは、fociではよく見るジッパー構造の自己相似ですね。トランスフォームは二つでfociだけを使っています。

TITLE : ジッパーワールド - Zipper World -

いままでも何度かこのような構成の画像をアップしていますが、何でか惹かれるんですよねぇ。作ってて「あれと似てるな」と思うこともあるのですが、捨てれないのですよw

以前に「fociは宇宙っぽい画像を作るのにむいている」と書きましたが、なんとなく宇宙っぽくなってしまいました(↓)。

TITLE : 星雲 - Nebula Number MU018 -

え~っと、これもトランスフォームは二つでfociだけ、コレばっかりですねほんとw

よくみるとジッパー構造になっているし、左側の点々も交互に並んでいるのがわかりますかねぇ。基本構造はやはり、どの画像もそれほど違っていないんですよ。

これ(↓)もやっぱりジッパー構造ですね。無限に繰り返されるジッパー構造。永遠にトイレで用を足せなくなってしまいます。

TITLE : 無題 - Untitled - 20110423-01-0304 Type : Pretense

TITLE : 無題 - Untitled - 20110423-02-1531 Type : Truth

え? 構成ですか? もちろん、トランスフォームは二つでfociだけ、ですよw

この画像では渦巻構造も垣間見えるので、尚更、私が好きになってしまうわけなのです。

久しぶりに三つ目のトランスフォームを追加した画像です(↓)。

TITLE : あわの鎖 - Chain of bubbles -

構成は、トランスフォーム二つはfociだけで、三つ目の三角にbubbleとgaussian_blurを適用しました。fociだけだとどうしても鮮明な模様を出せない場合があったので、バブルに助けてもらいました。おかげで少しはクリアな画像になったと思っております。

この画像はジッパー構造が見えませんが・・・、まぁ、そういうふうに見えない部分もあるというか、そう見えない設定にしたというか、そんな感じです(汗

(↓)「ジッパーワールド – Zipper World -」と似てますねぇ(汗

TITLE : 無題 - Untitled - 20110423-03-1551 Type : Evening

TITLE : 無題 - Untitled - 20110423-04-1605 Type : Early dawn

構成は、トランスフォーム二つはfociだけです。確かこの模様は、調整次第では植物の葉っぽくも見せれると思います。なんで葉っぱにしなかったのだろう・・・。こんど機会がったら挑戦してみようw

最後は、冒頭の画像と同じトランスフォーム設定の画像です(↓)。見た感じが違うのはグラディエントのせいですね。

TITLE : 無題 - Untitled - 20110423-06-1705 Type : Fertility

有機的な部分と無機質な部分が入り交じった感じで、より一層複雑なパターンに見えます。この画像を扉にしようか迷ったんですがねぇ・・・。う~ん、自分でも甲乙つけられないw

広告

投稿日: 2011/04/23 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal タグ: , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。