「Julian Tutorial By nemopaice」で遊んでみた

TITLE : 無題 - Untitled - 20110611-1857-01

Tool information : Apophysis 7X.15 + PhotoshopCS2
Number of transforms : 3 (Do not use FX)
Use variation : bubble, blur, julian, auger, gaussian_blur
Oversample : 2 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 5 / Gamma : 3.0 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 0.5 hour to 1.5 hours

今回は Julian のチュートリアルです。

Reference information :
◆Julian Tutorial By nemopaice by ~nemopaice on deviantART
http://nemopaice.deviantart.com/art/Julian-Tutorial-By-nemopaice-36434472

下の画像はチュートリアルで紹介されている作品です。

基本的にはよく見る Julian の構造ですね。特徴的なのはトゲトゲだと思います。

チュートリアルは英文ですが、いつものようにバリエーションやパラメータの部分だけを拾い読みして進めれば遊べるので、初心者の方でも十分に遊べると思っています。少し端折った書き方をされている部分があるので、その点は想像しながら進めてください。まぁ、トランスフォームを作っていないのに選択を指示していたりと、その程度ですから問題ないでしょ?w

で、指示通りに作業をするとこのような図形(↓)ができあがります。

あと少し調整をすれば紹介されているような作品になりそうですね。他のアレンジ方法は紹介されていないので、ちょっと物足りない感じはします。

Julian のチュートリアルというよりもトゲトゲのチュートリアルと思ったほうが良いかもしれませんね。トゲトゲは少しダークな雰囲気が欲しい時に有効だと思うので、そういう感じに仕上げたい時には使えそうですね。ちなみに、ちょっとだけ工夫すれば前回紹介したワイヤー&チューブになるとか・・・、まいいか(汗

———————————————————————

先日 pixiv で画像の加工について質問されたので、私がやっているポスト処理を書いておこうと思います。

まずは、レンダリング直後の画像(↓)。当たり前ですが未加工です。ちなみに PNG 出力で背景透過しています。

次は Photoshop で読み込んで、黒い背景を入れた状態。

(↓)読み込んだ画像レイヤーをコピーして、オーバーレイを設定し、不透明度を25%にした状態。

処理前とほとんど変わりませんが、ほんの少し彩度が上がっています。

(↓)読み込んだ画像レイヤーをもう一度コピーし、色味を変更してボカシフィルタをかけた状態。不透明度を50%にしています。

色味を緑色にふったので、少し黄色味が抑えられてます。強いぼかしをかけたので、全体に少しフワリとしました。

ここで重ねたレイヤーはこんなの(↓)です。

次は、読み込んだ画像をほんの少しだけぼかしています。(↓)この小さな画像ではほとんどわからないと思います。

次は背景を入れています。

最後に文字関係を入れて終わりです。

今回やらなかった加工としては、画像の密度を上げるために単純にレイヤーを重ねるとか、レイヤースタイルでドロップシャドーを入れたり、レイヤーをコピーして影を入れたりとかでしょうか。図形に対して大きく手を入れない条件で、いろいろと加工をしております。

広告

投稿日: 2011/06/11 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, Tutorial タグ: , , , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。