「Tutorial – Curlscope」で遊んでみた

TITLE : 無題 - Untitled - 20110709-1213-01

Tool information : Apophysis 7X.15 + PhotoshopCS2
Number of transforms : 3 (Do not use FX)
Use variation : curl, juliascope, crackle
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 2.0 / Gamma : 3.0 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 31 minute(s) 29.17 second(s)

今回を含めて5回ぐらいはチュートリアルを遊ばせていただこうと思っております。まず最初は、xaosの勉強になる素敵なチュートリアルから。

Reference information :
◆Tutorial – Curlscope by `SaTaNiA on deviantART
http://satania.deviantart.com/art/Tutorial-Curlscope-207757385

下の画像はチュートリアルで紹介されている作品です。

チュートリアル通りに作業をすることで、上図の左上の画像を作ることができます。私が作った画像はこんなの(↓)です。

色こそ違えど、同じ模様になっていますね。

このチュートリアルでは、中央部分の丸みのある模様に「bubble」と「pre_blur」を使っていますが、冒頭の画像は「crackle」に置き換えてゴニョゴニョしています。その後はグラディエントを調整してレンダリングし、ポスト処理を施せば冒頭の画像のできあがりです。

「crackle」はバリエーションプラグインで、以下の場所から入手できます。

Plugin information : crackle.dll
◆The Aposhack Plugin Pack by ~phoenixkeyblack on deviantART
http://phoenixkeyblack.deviantart.com/art/The-Aposhack-Plugin-Pack-98807426

プラグインの登録方法を簡単に書くと…

  1. 上記の場所から圧縮ファイルを入手し
  2. 入手した圧縮ファイルを任意の場所に解凍し
  3. 解凍したファイル郡からcrackle.dllを探してコピーし
  4. Pluginsフォルダに貼り付け
  5. Apophysisを起動する

だけです。

Pluginsフォルダは、Apophysisの実行ファイルのあるフォルダ内にあるはずです。なければ作ってください。

さてチュートリアルについてですが、当然ながら英文です。いつものようにバリエーションやパラメータの部分だけを拾い読みして進めれば遊べるのですが、英語がわからないとxaosの部分で何を書いているのか理解するのが難しいかもしれません。そもそもxaosの設定項目をいたずらにでも触ったことがないと、読み進めるのが困難だと思われます。なのでこのチュートリアルは中級者~上級者用ではないかと思います。英語がちょこっとでも理解できて、xaosについて悩んでいる方には必見のチュートリアルだと思うので、そのような方は是非とも遊んでみてください。

それでは最後に、その他の画像をアップしておこうと思います。

————————————————————————————————————————-

TITLE : 無題 - Untitled - 20110709-1226-01

Tool information : Apophysis 7X.15 + PhotoshopCS2
Number of transforms : 3 (Do not use FX)
Use variation : curl, juliascope, crackle
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 2.0 / Gamma : 3.0 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 32 minute(s) 26.19 second(s)

なんか汚い色ですかねぇ。以前にも書いたことがあると思いますが、グレーだか青だかわかんないような色が大好きなんです。レモンゼリー入の水ようかんな感じでしょうか(そんなの無いと思うけどw)。それとも、胡麻豆腐に生えたカビとかでしょうか(汗)。

まだまだチュートリアルの印象が強く残っていますが、マッシュルームっぽい感じが少し入っています。もっとマッシュルームっぽい表現にすることも可能だと思います。

私の言う「マッシュルームっぽい」とは、こんな画像のことです。

————————————————————————————————————————-

TITLE : 無題 - Untitled - 20110709-1239-01

Tool information : Apophysis 7X.15 + PhotoshopCS2
Number of transforms : 3 (Do not use FX)
Use variation : curl, juliascope, crackle
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 2.0 / Gamma : 3.0 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 31 minute(s) 10.87 second(s)

だいぶチュートリアルの印象は薄くなりましたかね。ほんと、いじっていると面白い模様がたくさん見れるチュートリアルです。SaTaNiAさんったら素敵過ぎるw

広告

投稿日: 2011/07/09 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, Plugin, Tutorial タグ: , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。