「Splits-Cylinder Tuto for Apo」で遊んでみた

TITLE : 無題 - Untitled - 20110721-0240-01

Tool information : Apophysis 7X.15 + PhotoshopCS2
Number of transforms : 7 (Do not use FX)
Use variation : spherical, linear3D, cylinder, gaussian_blur, pre_blur, splits
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 20.0 / Gamma : 3.0 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 16 minute(s) 31.02 second(s)

今回は Fiery-Fire さんのチュートリアルで遊ばせていただきました。

Reference information :
◆Splits-Cylinder Tuto for Apo by *Fiery-Fire on deviantART
http://fiery-fire.deviantart.com/art/Splits-Cylinder-Tuto-for-Apo-210366882

下の画像はチュートリアルで紹介されているものです。

とてもシンプルな図形で、いろいろと応用できそうですね。

こちら(↓)は私が作った画像で、チュートリアル通りに作業をすれば得られる結果です。

ほんの少しだけアレンジするとこうなります(↓)。

面白いですねぇ。

その他の画像はこんな感じ(↓)です。

これらの図形の作り方は掲載されていませんが、FXと組み合わせて色々と遊んだ結果のようです。トランスフォームの画像は載っているので、なんとなくは何をしているのかがわかるかもしれませんね。

こちら(↓)は Fiery-Fire さんが作成した作品のようです。あら? 全部かな? 左上は間違いなく Fiery-Fire さんの作品で、お気に入りに登録済みです。これらの画像についても、作り方は紹介されていません。

さてチュートリアルについてですが、いつもの通りですが英語です。英語が読めなくてもパラメータだけを見て作業すれば良いのですが…。私は色味の調整が思うようにできませんでした。Xaosの部分の効果もなんとなくわかりにくい気がするし、実はT2は機能していないのでは? と思えたり、英文を理解できない私には語学的な難易度が少し高かったのかもしれません。まぁT2をどうするかとか色味の調整方法とかは、Apophysisに詳しい方なら自分でアレンジすれば良い範囲だと思うので、技術的には有意義なチュートリアルだと思います。全体としては上級者向きという感じです。

プラグインについては Aposhack Plugin Pack に入っているようです。

Plugin information : splits.dll
◆The Aposhack Plugin Pack by ~phoenixkeyblack on deviantART
http://phoenixkeyblack.deviantart.com/art/The-Aposhack-Plugin-Pack-98807426

————————————————————————————————————————

前回少し書きました Xyrus02 さんの新しいレンダラーユーティリティですが、私の環境では残念ながらレンダリングできませんでした。ツール上ではスムーズに処理が進むのですが、肝心の出力された結果が真っ黒になってしまうのです。まぁ私ではどうしようもないので諦めていたのですが、ツールのほうがアップデートサれたようなので、改めて試してみました。

ちなみにこちら(↓)が、アップデートされたことが書かれていた記事です。

◆Apophysis 7X.16 – Tech preview – Update 720.1425
http://xyrus02.deviantart.com/journal/42484857/

ダウンロードはコチラ(↓)からどうぞ。

http://xyrus-worx.net/apophysis/preview/

結論から書きますと、アップデートによってちゃんとレンダリングできるようになりました。

簡単なインストール方法とツールの状態については前回書いたので、今回は結果だけ書きます。

これ(↓)が、新しいレンダラーユーティリティーでレンダリングした結果です。

前回書いたように、このユーティリティーでは必要なプラグインを自動的にダウンロードするようになっているみたいなのですが、まだまだ対応していないものもたくさんあるようです。なので今回はシンプルに Linear だけで構成されたフレームデータをレンダリングしてみました。

出力結果についてですが、精度は良好です。Apophysis 7x.15 と比較しても区別がつきません。しかし、色の再現性は劣るようです。

これ(↓)は 7x.15 でのプリレンダリングです。上の図と比較すると、新ユーティリティーではブライトネスやコントラスト部分が若干ですが弱いように感じます。また暖色系の色が弱いですね。

ちなみにこちら(↓)は、7x.15 で本番レンダリングした結果です。もちろん無加工です。あたり前ですが、ほとんど違いはありません。

最後にレンダリング時間ですが、7x.15 でのレンダリング時間は「42 minute(s) 44.37 second(s)」。新ユーティリティーでのレンダリング時間は、残念なが1時間35分ほどかかっています。倍くらい違いますねぇ…。新ツールではマルチスレッドの設定がないから、そのせいで遅いのだろうか…。

ん~、レンダリングはできても、結果はちょっと残念でした。ツール自体は良い出来だと思うので、7x.16 リリースまでに改善されると嬉しく思います(汗

さて、最後にもう一枚だけ自分の画像をアップして今回の記事は終わりですw

————————————————————————————————————————

TITLE : 無題 - Untitled - 20110721-0225-01

Tool information : Apophysis 7X.15 + PhotoshopCS2
Number of transforms : 6 (Do not use FX)
Use variation : bwraps7, linear3D, cylinder, gaussian_blur, pre_blur, splits
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 10.0 / Gamma : 3.0 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 16 minute(s) 31.02 second(s)

広告

投稿日: 2011/07/23 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, Plugin, Tutorial タグ: , , , , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。