「Beautiful Colorful 3D Flowers」で遊んでみた

TITLE : あの日の丘 - The hill of that day - 20111220-0057-01

Tool information : Apophysis 7X.15B + Photoshop
Number of transforms : 8 (Do not use FX)
Use variation : Spherical3D, ztranslate, julia3D, wedge, cylinder, pre_blur, linear3D, zcone
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 3.0 / Gamma : 3.0 / Gamma Threshold : 0.05 /
Rendering time : 2 hour(s) 16.06 second(s)

今回は fengda2870 さんのチュートリアルで遊ばせていただきました。

Reference information :
◆Apophysis Tutorial:Beautiful Colorful 3D Flowers by ~fengda2870 on deviantART
http://fengda2870.deviantart.com/art/Apophysis-Tutorial-Beautiful-Colorful-3D-Flowers-268965306

Plugin information : Spherical3D.dll
◆Spherical3D Plugin by ~TyrantWave on deviantART
http://tyrantwave.deviantart.com/art/Spherical3D-Plugin-107283662

Plugin information : wedge.dll
◆The Aposhack Plugin Pack by ~phoenixkeyblack on deviantART
http://phoenixkeyblack.deviantart.com/art/The-Aposhack-Plugin-Pack-98807426

このチュートリアルでは以下のような画像の作り方が紹介されています。

アレンジ例としては以下のような画像が掲載されています。

他にもいくつかアレンジ例が載っていますが、どれも作り方は紹介されていないので自分で試行錯誤する必要があります。それと、この方はご自身でもサイトをもってらっしゃるので、そちらでも画像が公開されています。

チュートリアルは英語ですが、いつもの通り、トランスフォームとバリエーションとパラメータだけを見ながら進めれば問題無く結果を得られます。しかし、どのトランスフォームに対する編集なのかが少し判り難い部分がありましたので、その点にちょっと注意しつつ遊んでみてもらえればと思います。

で、遊んだ結果がこれ(↓)です。

チュートリアル通りに遊べばこのような画像できあがります。

アレンジ例のような素敵な結果を出すには随分と試行錯誤が必要に感じますが、トランスフォーム1~3が全体の構図、トランスフォーム4が花の部分、トランスフォーム5が茎の部分なので、案外遊びやすいのだろうと想像しています。あとは「トランスフォーム6を追加してgaussian_blurを設定すれば地面ができる」と書かれているので試してみてくださいw

私の画像は、チュートリアル通りに作った後でT5をコピーして葉っぱを追加し、T6の地面にLinear3Dを設定して雑草モリモリ感を出し、全体の構図の規則性を少し壊してパターン感をちょっとだけ緩和しています。

————————————————————————————————————————

さて、今回は素敵な情報をもう一つw

いつもいろいろと素敵なアドバイスをくださるgrainieさんがApophysisのインストールガイドを作られたので、少しだけ紹介させていただきます!

◆Apophysis 7X をインストールする by grainie
http://www.slideshare.net/grainie/apophysis-10514411#

平易な言葉でシンプルに作られているので、誰にでも簡単に読み進められると思いますよ。

内容はApophysis 7Xの入手→解凍→インストール→起動→初歩的なレンダリングとなっております。

私の知る限りでは最新の日本語版インストールガイドです。私も以前にブログでインストールについて書きましたが、Apophysis7Xのサイトは頻繁にアドレスが変わるので、リンクが切れてたりします^^;;(暇なら直せと;;)

内容について少しだけ補足しておこうと思うのですが、Apophysis7Xはインストーラー版が公開されているのにこのガイドでは「Executable」が使われています。これは一見わかりにくそうに感じますが、バージョンアップの際にはインストーラーを使えないので、私も「Executable」を使うのに賛成です。

ちなみにですが、floatgardenさんのホームページ(↓)でも日本語の情報がいろいろと書かれております。日本語の情報が増えるのは嬉しい限りでございます。

◆Apophysisの使い方
http://www.floatgarden.net/apophysis/

————————————————————————————————————————

さて、次の話題ですね。

最近DeviantARTで「JWildfire」というフラクタルエディタの存在を知りました。

◆Andreas Maschke’s Homepage | The home of JWildfire and other cool stuff
http://www.andreas-maschke.com/

JAVAで動くアプリのようです。

このスクリーンショット(↓)を見るかぎりでは、いろいろと面白そうですw

ちなみに、作者の方のDeviantARTのページはここ(↓)です。

◆thargor6 on deviantART
http://thargor6.deviantart.com/

さて、JWildfireで遊ぶにはJAVAが必要なようです。そのための環境の準備をしようと思ったのですが、実は私は以前にもうやっちゃっているようです(↓)。

◆初めての「Structure Synth」+「Sunflow」 « MUZU fractal
http://wp.me/pLHKW-JP

なのですみませんが、今回はJAVAのインストールについては割愛します。

ではJWildfireを入手しましょう(↓)。

◆JWildfire downloads | Andreas Maschke’s Homepage
http://www.andreas-maschke.com/?page_id=351

JWildfireを起動してみる(↓)。

動いた!(↓)

動いたのはいいのですが私の環境では少し動作が重く、普段使いはきつそうです(汗

ちなみに私のPCはこんな感じ(↓)です。

CPU:Intel Core2Duo E6850 3.00GHz
GPU:GeForce8800GTS
メモリ:4GB
OS:Windows7 Ultimate 64bit

全画面編集しなければ良さそうですが…、まいいや。

それでは、各画面を見てみようと思います。

まずは「Fractal Flames」画面ですね。

右側にトランスフォームの設定、左側は色ですね。上がシステム系で下がカメラ等ですか。基本的な部分はApophysisの影響を大きく受けているようです。

面白いのはMorphやAnimateのタブがあることでしょうか。

これ(↓)はMorph。

こちら(↓)はAnimate。

まだ使ったことがないので何がなんだかさっぱりわかりませんが、面白そうですw

ついでに、SettingsとBatch render。

次はグラディエントの部分。

Createタブではランダムの色生成と他のデータからの読み込み、それと画像からの生成でしょうか。Transformタブ(↓)ではグラディエント全体に対する色調等の調整ができるみたいです。

次はトランスフォームの部分。Transformationsタブでトランスフォームを選択してAffineタブで編集というのが基本っぽいですね。

それ以外はNonlinearタブ(↓)。バリエーションの設定っぽいですね。

ウェイトとカラーもありますね。

次はカメラ等です。Cameraタブが、ApophysisだとAdjustment画面のCameraタブに対応するみたい。

Coloringタブ(↓)は、ApophysisだとAdjustment画面のRenderingタブとレンダリング時の設定の一部も含んでいますね。

Shadingタブ(↓)はさっぱりわからん。もちろんシェーダーの変更や設定値の調整ができるのでしょうが、何をするとどうなるのかは使ってみないとわからないですねぇ。

さて次はOperatorsウィンドウを見てみましょう。といっても、内容はさっぱりなので画像をドンドン貼ります(汗

これ(↓)は、テクスチャを生成するみたい。

次は画像の読み込みのようですね。

次はスクリプト画面。

これこそさっぱりわかんない(汗

次はFormula Explorerだそうです。なんか興味深い画面ですが、妄想だけど、数式を直接編集して画像ができるなら面白そうですねぇ。

次はなんと、SunFlowですって。SunFlowを使ってどのような画像をレンダリングさせようというのでしょうか。興味津々ですw

最後はPreferencesです。システム設定画面ですね。

不慣れなせいもあって使いにくいですが、とても面白そうです。正直いうとApophysisに大きく影響されているので「ならいらないかな」とも思いましたが、いろいろと面白そうな機能が追加されているようにも感じるので、新しいPCでも買ったら使ってみたいです。頻繁にバージョンアップされているようなので、今後も注目していきたいと思っています。

ちなみに、チュートリアルもあるようですが、読んでいませんというか、読めないというか、英語やめてというか、英語勉強しろw

————————————————————————————————————————

え~と、今回は中途半端な情報が盛り沢山ですが、そんな情報をもう一つ(汗

私の大好きな作家さんにelement90さんという方がいらっしゃいます。

◆element90 on deviantART
http://element90.deviantart.com/

この方の作品が大好きなのですが、ちょっとApophysisっぽくないんですよねぇ。どうやら自作のツールを使われているようで、実行ファイルが公開されていないものかと探してみたのですが、見当たりませんでした。とても残念に感じていたのですが、つい最近公開されたようです。と言っても、Linuxで動作するバージョンのようですが(滝汗

◆Release of Saturn and Titan by =element90 on deviantART
http://element90.deviantart.com/journal/Release-of-Saturn-and-Titan-274217310

ウィンドウズ版を公開してくれないかなぁと思っていたのですが、同じように感じた方がコメント欄でそのような質問をしているんですねぇ。その返信を見ると、どうも年明けにはウィンドウズ版が出るかもしれないとw

超期待しておりますw

はぁ、疲れた。今回はこの辺で(汗

広告

投稿日: 2011/12/23 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, JWildfire, Plugin, Tutorial タグ: , , , , , , , , , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。