「3D Blooms Tutorial」で遊んでみた

TITLE : 光宿花 - HIKARIYADOSHInoHANA - 20120124-0251-01

Tool information : Apophysis 7X.15B + Photoshop
Number of transforms : 8 (Do not use FX)
Use variation : blur, gaussian_blur, linear3D, spherical, ztranslate, zcone, cross, blur3D, zscale, cylinder, julia3D
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 5.0 / Gamma : 3.0 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 1 hour(s) 10 minute(s) 30.33 second(s)

今回は lindelokse さんのチュートリアルで遊ばせていただきました。

Reference information :
◆Apophysis 3D Blooms Tutorial by *lindelokse on deviantART
http://lindelokse.deviantart.com/art/Apophysis-3D-Blooms-Tutorial-262684463

Plugin information : cross.dll, epispiral.dll, pre-circlecrop.dll, crackle.dll
◆The Aposhack Plugin Pack by ~phoenixkeyblack on deviantART
http://phoenixkeyblack.deviantart.com/art/The-Aposhack-Plugin-Pack-98807426

このチュートリアルでは以下のような画像の作り方が紹介されています。

いつもながらに綺麗ですねぇ。今回のチュートリアルは有名な「Blooms Tutorial」の3D版です。

Blooms Tutorial については私も以前に遊ばせていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。その際に立体的に表現できないか試してみた画像があるのですが、その画像を lindelokse に発見され、ナイスアイデアというお褒めの言葉をいただき、3D版のチュートリアルが作成されたようです。なんと申しますか、光栄ですねぇw

さて3D版のチュートリアルですが、内容は比較的に簡単だと思います。

この画像(↓)は、チュートリアルの STEP 1 が終わった状態です。

トランスフォーム2(T2)は自分なりに回転角を調整したのでチュートリアルの結果とはちょっと違います。

T2 のバリエーションを変更したり回転させたりすることで花びらの状態も変化します。例えばこんな感じ(↓)だったり。

はたまたこんな感じ(↓)だったりです。

この段階でトランスフォームの総数はファイナルトランスフォーム(FX)を入れて三つです。編集内容も簡単なので英語がわからなくても迷うことはないと思われます。以降はコレをベースに3D化が進められています。

3D化については二通りの表現が紹介されています。一つは花の中心部分を凹ませる方法(チュートリアル中の STYLE 1 )。もう一つは中心部分を盛り上げる方法(チュートリアル中の STYLE 2 )です。

これ(↓)は STYLE 1 の再現です。

チュートリアル通りに進めればおおよそこのような結果が得られます。おおよそと書いているのは、チュートリアルでは zcone は幅を持たせて書かれているので、結果は人によって異なるという意味です。T2 の回転具合も変更しちゃったし(汗

TIPS の部分については、この画像の場合は T2 の zcone=0.2、ztranslate=0 です。で、T1 をコピーして T3 を作り gaussian_blur=0、blur3d=0.1、ztranslate=5、zcone=0.1 を指定しています。

中央の雌しべや雄しべの部分は綺麗に3Dしていますが、花びらの立体感がイマイチですよね。この点は自分で試行錯誤して調整するしかないようです。その際 TIPS の処理は大きなヒントになるのではないかと思われます。

次(↓)は STYLE 2 の再現です。中央部分が盛り上がっていますね。

ちなみに雄しべ雌しべの表現はチュートリアルでは書かれていません。STYLE 1 の方法を応用してちょっと試行錯誤しています。

チュートリアル中では、STYLE 2 の時に FX に設定する zcone の値は -0.001 と書かれていますが、この値では中心部分の筒が太いので、私は -0.0005 としました。T2 の zcone も同じように 0.0005 にしています。それと、FXに追加した pre_circlecrop の variables ですが、私は pre_circlecrop_radius の値を 1000 にしました。

最後になってしまいましたが、アレンジ例としては lindelokse さんの素敵な作品(↓)があります。

◆Subtle Glory by *lindelokse on deviantART
http://lindelokse.deviantart.com/art/Subtle-Glory-260151122

いやはや、まことに素晴らしいですねぇ。花びらの筋の繊細さといい、立体感といい、申し分ないです。lindelokse さんのギャラリーには他にも素敵な作品があるので必見です!

さて、どんじりにもう一枚画像をアップして終わろうと思います。

TITLE : 光虫花 - KOUCYU-KA - 20120123-0125-01

Tool information : Apophysis 7X.15B + Photoshop
Number of transforms : 7 (Do not use FX)
Use variation : gaussian_blur, linear3D, spherical, ztranslate, zcone, cross, blur3D, zscale, cylinder, julia3D, post_rotate_x, post_rotate_y
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 6000
Brightness : 2.0 / Gamma : 2.5 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 1 hour(s) 10 minute(s) 30.33 second(s)

広告

投稿日: 2012/01/26 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, Plugin, Tutorial タグ: , , , , , , , , , , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。