「Grand Julian Gems Tut」で遊んでみた

TITLE : 瑪瑙 - Agate - 20120205-1600-01

Tool information : Apophysis 7X.15B + Photoshop
Number of transforms : 7 (Do not use FX)
Use variation : blur, julian, gaussian_blur, bubble, pre_blur
Oversample : 4 / Filter Radius : 0.8 / Rendering Quality : 12000
Brightness : 2.0 / Gamma : 2.0 / Gamma Threshold : 0.02 /
Rendering time : 1 hour(s) 18.08 second(s)

今回は jimpan1973 さんのチュートリアルで遊ばせていただきました。

Reference information :
◆Grand Julian Gems Tutorial by =Jimpan1973 on deviantART
http://jimpan1973.deviantart.com/art/Grand-Julian-Gems-Tutorial-202168083

これらのチュートリアルでは以下のような画像の作り方が紹介されています。

jimpan1973 さんはこのような宝石っぽい表現がとても上手なので以前から憧れていました。チュートリアルを出していただけるとは思っていませんでしたので、これを初めて見た時には飛び付きましたw

先日遊ばせていただいた Xyrus02 さんの「Making Sphereyes」というチュートリアルでも宝石っぽい輝きの表現がなされていますが、jimpan1973 さんの方が古くからジェムにこだわっています。

Reference information :
◆Making Sphereyes – Video Pt. 1 by `Xyrus02 on deviantART
http://xyrus02.deviantart.com/art/Making-Sphereyes-Video-Pt-1-212887943

◆Making Sphereyes – Video Pt. 2 by `Xyrus02 on deviantART
http://xyrus02.deviantart.com/art/Making-Sphereyes-Video-Pt-2-212887966

今回のチュートリアルは、実は残念ながらチュートリアルになっていません(汗

ダウンロードしたチュートリアルの圧縮ファイルには、パラメータが書かれたテキストファイルと、そのパラメータを説明する画像データが入っていますが、説明画像の方にはパラメータの値は書かれていないので作業ができないのです。

説明画像には文字通り説明が書かれており、もちろん英文なのでさっぱりわかりません(汗)。

作者の意図としては、テキストをフレームデータとしてApophysisで開いて、パラメータを見ながら説明画像を読んでね、ということなのでしょうが…、個人的にはフレームデータを読み込むのに抵抗があるので、私にとっては難易度の高いものとなってしまいました。なので今回は、説明画像を見ながらぼんやりと意味を妄想しつつ、勝手に画像を作っていますw

とはいっても、なんとなくヒントは読み取れます。

さて、まずは T1 ~ T3 で grand julian と書かれています。これは結果の画像の「大きな構造」を作っている部分で、julian で作れるメジャーな模様です。大昔に以下のチュートリアルで勉強させていただきました。

Reference information :
◆Julia Uncovered by `ClaireJones on deviantART
http://clairejones.deviantart.com/art/Julia-Uncovered-36618915

◆Julia Uncovered v.2.2 by `ClaireJones on deviantART
http://clairejones.deviantart.com/art/Julia-Uncovered-v-2-2-49167519

今回はその内容を思い出しながら三つのトランスフォームで構造を再現しました。

次は T4 ですね。bubble と pre_blur と書かれているので、適当に設定しました。移動したり回転したり拡縮したりして、どのような変化が起こるのかを確認しておきます。もちろんこの段階で weight や色を調整して見栄えを良くしておくことも必要です。

次は T5 です。reflection とか書かれているので映り込んでいる模様になるのでしょうかね。T4 をコピーしろと書いてあります。pre_blur を消してスケールダウンしろとかも書かれているようです。他には weight を小さめにとか移動とか書かれていますが、そんなの気にしないで一通り、移動、回転、拡縮、weight 変更、色調整をして遊びますw

次は T6 です。今度は gloss と書かれているので、なんらかテカリですかね。また T4 をコピーして、 bubble を小さくしろとか書かれているのでしょうか。またしてもそんなの気にしないで、一通り、移動、回転、拡縮、weight 変更、色調整をして遊びます。今回は post-transform とか書かれているので、それも移動、回転、拡縮して遊びます。

最後に T7 です。今度はハイライトと書かれていますね。blur3D で小さな点を作って weight を小さめに設定して post-transform がどのこうのと書かれていますが、バリエーションを設定したら適当に遊べば良いですw

で、冒頭の画像が出来上がりました。まだまだ jimpan1973 さんのように綺麗に表現できていませんが、今回の画像もそれなりに好きですw

さてさて、チュートリアルの紹介は今回で一区切りです。新しく素敵なチュートリアルが公開されたら、また遊ばせていただこうと思っております。それまでは適当に遊ぼっとw

まだ紹介していないものも沢山あるので、みなさんも探して遊んでみてくださいね!

広告

投稿日: 2012/02/05 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, Tutorial タグ: , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。