焼き直しシリーズ No.016

TITLE : アリート山 – Mount Arreat – 20120503-2054-01

Tool information: Apophysis 7X.15C.9+ Photoshop
Transform count: 4
Has final transform: No
Used plugins: linear, flatten, julian
Quality: 24000, Oversample: 4, Filter: 0.8
Brightness: 15.00, Gamma: 2.00,  Gamma_threshold: 0.01
Total time: 37 minute(s) 0.85 second(s) / Multithreading: 10

久しぶりに焼き直しをしようかと思っております。

いきなりですが、焼き直しのことはさておき、Apophysis 7x の日本語化について少し触れておこうと思います(汗

Apophysis 7x 系の場合に限りますが、現時点(2012/5/4/14:44)で入手可能な最新版 15C.9 の場合は Languages というフォルダに各言語用の情報が入っています。現在の対応状況は以下のようになっております。

現在は、英語以外では 5 言語分のデータが準備できているようですね。私の Languages フォルダにはドイツ、イタリア、中国の三ヶ国しかありませんが、その他の言語もそのうち Zip に入ることになるのでしょう。

さて、日本語についてはそもそも対応される予定はありませんが、edit_mode さんを始め多くの方が日本語化を所望されており、このブログでも頻繁にコメントしていただいている grainie さんが日本語用データを作成されました。grainie さんから Xyrus02 さんへ連絡もされているようなので、近い将来にでも日本語の言語ファイルを入手できるようになるかもしれませんね。とても素敵なことです。

ちなみに、日本語化した画面はこんな感じ(↓)です。

個人的には Apophysis のように更新が多いアプリケーションの日本語化には否定的ですが…、やっぱり日本語だとわかりやすいですね(汗

grainie さんがいつまで日本語化していただけるのかはわかりませんが、その後を引き継ぐ方のために以下の情報を書いておこうと思います。

◆Apophysis 7X – Localization Utility by `Xyrus02 on deviantART
http://xyrus02.deviantart.com/journal/Apophysis-7X-Localization-Utility-293077568

こういうツールもいつまでサポートされるのかわかりませんがね…。

Apophysis の日本語化については、以前は以下のサイト様にてパッチが公開されていたようですが、現在は残念ながら公開されていないようです。

◆ふ てむなて 日本語化
http://island.geocities.jp/f_temnate/patches.html#apophysis

ですが Apophysis に関する諸々の情報ページは今でも生きているようなので、とても参考になります。

————————————————————————————————————————

さて、本題の焼き直しについてですが(汗

冒頭の画像は、むかし作成した以下の画像を焼き直したものです。

焼き直しといっても全くの別物になってしまったので、当時のまま焼き直した画像も作りましたw

TITLE : VELVET WAVE – 20120504-1204-01

Tool information: Apophysis 7X.15C.9+ Photoshop
Transform count: 4
Has final transform: No
Used plugins: linear, flatten, julian
Quality: 24000, Oversample: 4, Filter: 0.8
Brightness: 16.66, Gamma: 4.00,  Gamma_threshold: 0.00
Total time: 41 minute(s) 25.66 second(s) / Multithreading: 10

画像が左右反転されていいたり、色味が違ったりしますが、今回の方が未加工です。やはりマンガ文化に慣れているせいか、右から左に動いているイメージの方が落ち着くのかな…。以前は左側を暗めにしたかったから左右反転したんだよなぁ…。色味は紫の方が刺激的だけど、今回のも綺麗だからいいや(汗

ちなみに、いつも画像の下に少し情報を書いていますが、なんのこっちゃ?という感じもするので、少しだけ説明をしておこうと思います(汗

Tool information: Apophysis 7X.15C.9+ Photoshop
↑これはもちろん、画像を作るのに使ったアプリケーションの情報です。この場合は「Apophysis 7X.15C.9」と「Photoshop」を使ったということです。

Transform count: 4
↑これは、画像を作るのに使ったトランスフォーム(三角形)の数です。この場合はトランスフォーム(三角形)を4つ使っているということです。

Has final transform: No
↑これは、ファイナルトランスフォームを使ったかどうかです。この場合は「No」なので、ファイナルトランスフォームは使っていない、ということです。

Used plugins: linear, flatten, julian
↑ここでは画像を作るのに使った全てのバリエーションを書いています。flatten は 7X.15C からのバリエーションなので、それ以前のバージョンをお使いの方は無視してください。

Quality: 24000, Oversample: 4, Filter: 0.8
↑これはレンダリングに関係する設定です。「Render flame…」(↓)を選択して表示されるウィンドウの…。

下の図の赤枠部分の設定を書いています。

Brightness: 16.66, Gamma: 4.00,  Gamma_threshold: 0.00
↑これもレンダリングに関係しますが、Adjustment (↓)を選択した時に表示されるウィンドウの…。

下の図の赤枠部分の設定を書いています。

Total time: 41 minute(s) 25.66 second(s) / Multithreading: 10
↑これは、レンダリングに掛かった時間と、マルチスレッディングの設定数です。私のPCで設定できる最大のマルチスレッド数は12ですが、今は10に設定しています。その場合のレンダリング時間が約40分ということですね。もちろん、設定できるマルチスレッド数は使用PCに依りますし、レンダリング時間はトランスフォーム数やバリエーション数等に左右されるので、ある程度の目安にしかなりません。

私が Apophysis を使い始めた頃に知りたかった情報を書いています。何かの参考になれば幸いです。

では、その他の焼き直し画像をアップしておきます。

TITLE : 鳳凰の羽ばたき – Flapping of the Phoenix – 20120503-2140-01

Tool information: Apophysis 7X.15C.9+ Photoshop
Transform count: 3
Has final transform: Yes
Used plugins: flatten, spherical, radial_blur, linear, pre_blur, falloff2, juliascope
Quality: 12000, Oversample: 4, Filter: 1.2
Brightness: 2.00, Gamma: 3.00,  Gamma_threshold: 0.01
Total time: 41 minute(s) 13.74 second(s) / Multithreading: 10

加工前はこんな感じ(↓)でした。これはこれで良いのですが、なんとも地味だったので派手にしちゃいました(気分でw)。

次の画像(↓)は焼き直しではなく、今回作成した画像です。

TITLE : 楓の落葉と木漏れ日 – Defoliation of maple and Sunlight – 20120502-1224-03

Tool information: Apophysis 7X.15C.9+ Photoshop
Transform count: 2
Has final transform: No
Used plugins: flatten, curl, mobius, ztranslate, julian
Quality: 24000, Oversample: 4, Filter: 0.8
Brightness: 5.00, Gamma: 2.50,  Gamma_threshold: 0.01
Total time: 41 minute(s) 45.34 second(s) / Multithreading: 10

赤い模様と白い模様でフォーカスが違っていて、その部分が面白いと思っていますが…、違和感ありますかねぇ。ちなみに、Photoshopで画像を重ねたわけではないです。

————————————————————————————————————————

最後に、最近恒例ですが SilverFractal で作成した画像をアップしておきます。

この画像(↓)は、今回が初出しです。

TITLE : 無題 – Untitled – 20120502-0859-04

Tool information : SilverFractal BasicEdition TestVersion

こちらの画像(↓)は、先日、少し小さな画像をTwitterでアップしています。

TITLE : 無題 – Untitled – 20120501-1826-04

どうも SilverFractal の機能を使い切らずに満足している感じがしますが…、まいいや(汗

広告

投稿日: 2012/05/04 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, SilverFractal, Tool タグ: , , , , , , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。