Apophysis 7x 15C の日本語化&「3D Julian Gems Tut」

TITLE : 無題 – Untitled – 20120802-2335-01

Tool information: Apophysis 7X.15C+ Photoshop
Transform count: 3
Has final transform: No
Used plugins: eJulia, eCollide
Quality: 12000, Oversample: 4, Filter: 0.8
Brightness: 3.0, Gamma: 4.0,  Gamma_threshold: 0.02
Total time: 41 minute(s) 3.96 second(s) / Multithreading: 10

今回は Apophysis 7X 15C の日本語化と 3D Julian Gems Tut の再挑戦です。

まずは日本語化の情報から。

6月17日、grainie さんのツイートで Apophysis 7X 15C 用日本語リソースが公開されました。

grainie さんは素敵な写真も公開されております。このブログでも頻繁にコメントいただいたりして、本当にお世話になっております。

日本語リソースについて最初に書いておきますが、このデータは非公式のデータです。このファイルについて Apophysis 7X の製作者に何らか問い合わせても、何もサポートはされません。

この日本語化リソースは grainie さんのご好意で制作されています。翻訳ミスや翻訳抜けがあった場合、それを報告することは自由ですが、修正を強要することはできません。

導入によって生じた不具合にも対応できませんのでご注意ください。

さてと、日本語リソースファイルの場所ですね。

◆Apophysis 7X 15C 用日本語リソース
https://dl.dropbox.com/u/76627762/japanese.zip

以下、grainie さんが呟いた日本語リソースの設定方法です。

展開すると japanese.xml ができるので Apophysis 7x の Language フォルダにいれてください。

Apo を起動して Tools → Settings → General → Language file で Japanese に切り替えて OK してから Apo を再起動してください。

一応、私なりに説明しておきたいと思います。

まず、上記のリンクから圧縮ファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、任意の場所に解凍してください。

解凍した場所に japanese.xml が生成されているので、それを Apophysis 7x の Languages フォルダに移動してください。

私の場合はこんな感じ(↓)です。

それでは、Apophysis 7X.15C を起動してください。

起動後、Tools → Settings… を選択してください(↓)。

General タブ → Language file 部分を 日本語(Japanese) に切り替えて OK ボタンを押します(↓)。

OK ボタンを押すと以下の様なメッセージウィンドウが表示されるので、OK ボタンを押します(↓)。

Apophysis 7X.15C を終了してください。

もう一度 Apophysis 7X.15C を起動すると日本語化されています(↓)。

さて、ここまで書いておいてなんですが、わたし個人としてはApophysis、特に 7X 系の日本語化には否定的です。

理由は簡単で、7X 系は更新頻度が比較的に高いですが、翻訳を好意に頼る以上、迅速な対応を強要するわけにはいきません。なので、日本語化を待っていると使い始めが遅くなります。加えて、チュートリアル等の情報は圧倒的に英語のものが多いので、日本語環境に慣れてしまうと英語の情報を読みにくいかもしれません。

とは言え、日本語の安心感は圧倒的です(汗

なので私は、grainie さんの日本語リソースを導入させていただきつつも、普段は英語表示としております。「あら? これなんだっけ?」って時は日本語にして確認する、という感じで使わせていただいております。

————————————————————————————————————————

さてさて、次の話題に進みましょう。

3D Julian Gems Tut についてですが、チュートリアル通りにやってもできないよ~、という声を何度か耳にしたので、私ももう一度試してみたいと思います。

Reference information :
◆3D Julian Gems Tutorial for Apo by *Fiery-Fire on deviantART
http://fiery-fire.deviantart.com/art/3D-Julian-Gems-Tutorial-for-Apo-288279732

今回は Apophysis 7X.15C を使っています(前回遊んだときは15Bでした)。

これ(↑)を実行した結果がこれ(↓)です。

まぁ、特に見栄えのしない結果ですね(汗

次に進みましょうか。

これ(↑)を実行した結果がこれ(↓)です。

ここでちょっと注意点があります。チュートリアルではわかりにくいというか、書かれていないようにも感じますが、Transform color を変更しないと色は変化しないです。

上の図では、トランスフォーム2(T2)の Transform color を 0.61 にしています。トランスフォーム1(T1)の Transform color はゼロのままです。

ちなみに、私が今回使っているグラディエントは、デフォルトグラディエントの 653_Summer を使っています。

次に進みます。

これ(↑)を実行した結果がこれ(↓)です。

パッと見た感じではチュートリアル通りに見えますが、実はちょっとだけ違いがあります。

チュートリアルの方では、土星の輪のような部分が平坦に描かれているのに対して、私の画像では立体的に描かれています。

この段階でチュートリアルに近い結果にするには T1 に flatten = 1 を設定すれば似た感じになりますが、今はまだ、flatten はゼロのまま進めます。

次です。T1 に対する編集ですね。 右に 0.4 移動し、110 で 2 回縮小。んでバリエーションを設定するっと。

これ(↑)を実行した結果がこれ(↓)です。

はっきり言って、明らかに何か間違えてますよね…。なので少し調整してみます。

T1 を 0.1 左へ移動。T1 の Zscale = -0.6、T1 の Ztranslate = 0.1 にすると、以下の図のようになります。

う~ん、幾分チュートリアルに近くなりましたかねぇ。

では、次に進みましょう。

これ(↑)を実行した結果がこれ(↓)です。

中央部分はそこそこ立体感もあって良いですが、チュートリアルと比較すると周辺部分が平坦になっちゃってます。なので、また少し調整を試みます。

T1 の Zscale を -0.2 に変更します。結果は下図の通りです。

周辺部分の立体感も出たように感じますが、いかがでしょうか。

では、次に進みましょう。

これ(↑)を実行した結果がこれ(↓)です。

やっぱりなんか違いますね。

T4 の Julian が外側に広がる感じが違うような気がします。

少しバリエーションを調整してみます。

T4 の Ztranslate を -0.36 にし、Zscale = -0.5、Zcone = 0.05 を設定します。

結果はこんな感じ(↓)です。

あまり大きな変化は無いですが、T4 のJulian が少しすっきりした気がします。というか、しています(汗

最後に色を調整します。

T1 の Transform color は 0.29、T2 の Transform color は 0.775、グラディエントは Rotate で -39 へ設定。

C の下にピンクが来る感じです。

すると下の図のようになります。

下の図はチュートリアルの画像ですが、まぁまぁ似たような結果になったと思いませんか?

Fiery-Fire さんが Apophysis 7X のどのバージョンを使ったのかは定かではありませんが、チュートリアルの間違いやバージョンの違いを楽しむぐらいの気持ちで遊んだほうが、有意義な時間を過ごせると思います。

今回はこれで終わりです。

次回もチュートリアルを紹介する予定です。

予定、です(汗

広告

投稿日: 2012/08/04 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, Tool, Tutorial タグ: , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。