Apophysisの使い方:Julianで遊ぶ

TITLE : 無題 – Untitled – 20121105-2239-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 2.5, Brightness: 15.0, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 28000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 41 minute(s) 32.90 second(s)
Transform count: 4
Has final transform: No
Used plugins: flatten, julian2


Apophysis の使い方については前回で終わりの予定でしたが、予定を変更して、よく使うバリエーションの基本的な模様の再現について書いてみようと思います。

なんといっても、最初はジュリア系ですね。少なくとも Julian と Spherical ぐらいは書きたいなと思っています(汗

さてさて、まずは初歩的かつ美しいコノ(↓)チュートリアルは外せませんよね。

Julia Uncovered by `ClaireJones on deviantART
http://clairejones.deviantart.com/art/Julia-Uncovered-36618915

↑ Julia Uncovered v.2.2 by `ClaireJones on deviantART
http://clairejones.deviantart.com/art/Julia-Uncovered-v-2-2-49167519

しかし、実は Julia 系の模様の基礎という意味では、以下のチュートリアルの方が勉強になります。

↑ Julian TUT by ~ojad0 on deviantART
http://ojad0.deviantart.com/art/Julian-TUT-107225683

「Julia Uncovered」の方は、幾つかのトランスフォームで Julian を使う都合上、トランスフォーム 1 (以下、T1 と略します)にはブラーを設定してしまうので、ブラーありきの Julian の模様になっています。それに比べて「Julian TUT」の方は T1 に Julian を設定するので、Julian のみの模様をきちんと見ることができます。

その他、応用としては、光沢のある表現とか(↓)。

↑ Grand Julian Gems Tutorial by =Jimpan1973 on deviantART
http://jimpan1973.deviantart.com/art/Grand-Julian-Gems-Tutorial-202168083

3D のチュートリアルの基本であれば以下の二つでしょうか。

↑ 3D Julian Gems Tutorial for Apo by *Fiery-Fire on deviantART
http://fiery-fire.deviantart.com/art/3D-Julian-Gems-Tutorial-for-Apo-288279732

↑ Julia Grand 3D Tutorial by ~neoMWH on deviantART
http://neomwh.deviantart.com/art/Julia-Grand-3D-Tutorial-66768917

Julia系は有名なので、他にも応用的なチュートリアルは多々ありますが、ここで挙げたチュートリアルは基本的におさえておきたいものです。


それでは、Julian の基本的な模様について見てみましょうか。

Apophysis 7X.15D を起動して、F4 キーを押してエディターを開き、左上の「New flame」のアイコンを押します。

Variations タブを選択して、T1 の Linear を 0 にし、代わりに Julian を 1 にします。

Variables タブを選択して、Julian_power を 2 、Julian_dist を 1 にします。

Triangle タブを選択し、Move triangle left で T1 を左に 0.3 移動してください。

以下のような模様が見れると思います。

綺麗ですよね~。

0.1 刻みで T1 を移動すると、模様がいろいろと変化して面白いですよ。

他の模様も見てみましょうか。

T1 を最初の位置に移動して、今度は右に 0.8 移動してみましょう。

以下のような模様が見えると思います。

T1 を最初の位置に移動して、今度は上に 0.7 移動してみましょう。

以下のような模様が見えると思います。

下に 0.7 だと、こんな模様(↓)です。

もう少し見てみましょう。

T1 を原点に戻して、Variables タブを選択して、Julian_dist を -1 にします。

下図の模様は、左に 0.6 移動した結果です。

T1 を原点に戻し、今度は右に 0.5 移動してみましょう(結果は下図の通り)。

この模様は「Julian TUT」で確認できる模様ですね。

上に 0.9 だと、こんな模様(↓)です。

下に 0.9 だと、こんな模様(↓)です。

このような基本的な模様をある程度覚えておくと編集作業に役立つと思います。

以上の模様は基本的なものなのでシンプルですが、トランスフォームを一つ追加してバリエーションを変更したりトランスフォームを調整するだけで下図のような複雑な模様を見ることができるので、皆さんも是非遊んでみてくださいね。正直、ランダム生成なんかよりこちらのほうがずっと面白いと思いますよ。

それでは最後に、その他の画像をアップして終わりたいと思います。


TITLE : 雪虫の樹 – Tree of snow insect – 20121107-0004-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 4.0, Brightness: 7.0, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 28000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 39 minute(s) 13.36 second(s)
Transform count: 4
Has final transform: No
Used plugins: flatten, julian2


TITLE : 泡 – Bubble – 20121109-2333-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 3.0, Brightness: 1.0, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 28000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 36 minute(s) 6.77 second(s)
Transform count: 4
Has final transform: No
Used plugins: flatten, spherical, julian2

広告

投稿日: 2012/11/13 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, Tutorial タグ: , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。