Apophysisの使い方:Sphericalで遊ぶ

TITLE : 蒸着 – Vapor deposition – 20121117-0959-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 2.0, Brightness: 1.5, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 32000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 48 minute(s) 4.51 second(s)
Transform count: 3
Has final transform: No
Used plugins: spherical, cylinder
————————————————————————————————————————

前回に引き続き、今回も、よく使うバリエーションの基本的な模様の再現をしてみようと思っています。前回は Julian でしたので、今回は Spherical にしてみようと思います。

今まで遊ばせていただいたチュートリアルをサラリと振り返ってみたのですが、Spherical の基本的な模様について書かれているチュートリアルは案外少ないようで、私の知る限り以下の三つでした。

↑ Apo-Tuto Sphericals by *Fiery-Fire on deviantART
http://fiery-fire.deviantart.com/art/Apo-Tuto-Sphericals-146647576

↑ The Beginnings Tutorial by ~Anystasia on deviantART
http://anystasia.deviantart.com/art/The-Beginnings-Tutorial-131305834

一つは 3D のチュートリアルです(↓)。

↑ Xenophilia Tutorial by *alien-dreams on deviantART
http://alien-dreams.deviantart.com/art/Xenophilia-Tutorial-264350378

これだと模様部分が沈んでいるので、Spherical の 3D としてはどうかとも感じますがね。

冒頭で書いた「Apo-Tuto Sphericals」の最初の部分で Spherical を使った基本的な模様の作り方が紹介されています(↓)。

————————————————————————————————————————

それでは再現してみましょう。

Apophysis 7X.15D を起動して、F4 キーを押してエディターを開き、左上の「New flame」のアイコンを押します。

Variations タブを選択して、トランスフォーム 1 (以下、T1)の Linear を 0 にし、代わりに Spherical を 1 にします。

T1 を右に 1.0 移動し、時計回りに 75 度回転すると以下のような模様が現れます。

模様が現れたのですが、コレと似たような模様は他のバリエーションでも見ることができるので、個性的とは言えない状態です。チュートリアルで見られるような模様を再現してみましょう。

これまでの操作に引き続き、T1 を時計回りに 15 度回転します(これで T1 は時計回りに 90 度回転したことになります)。

New transform」のアイコンを押して新しいトランスフォーム (T2)を作ります。

Variations タブを選択して、T2 の Linear を 0 にし、代わりに Spherical を 1 にします。

T2 を反時計回りに 90 度回転します。

下図の「基本形 その 1」ができましたよね?

この模様は頻繁に使うので保存しておいてください。

それでは、他にはどのような模様が見えるのか探してみましょう。

基本形 その 1」から、T1 を上下反転し、右に 0.19 移動してください(T1 のO 点の X 座標は 1.19 です)。

「基本形 その 1」が少し変化しましたね(↓)。

続けて右に移動すると、少しずつ模様が変化します。右に 0.082 (O 点の X 座標は 1.272)移動してみてください。模様が少し変化しましたよね?

さらに右に 0.044 (O 点の X 座標は 1.316)移動、さらに右に 0.026 (O 点の X 座標は 1.342)移動、さらに右に 0.0174 (O 点の X 座標は 1.3594)移動とすると、同じような法則で模様が変化すると思います。面白いですねぇ。

他の模様も見てみましょう。

基本形 その 1」から、T1 を時計回りに 90 度回転します(↓)。

ここから、T1 を右に 0.618 (O 点の X 座標は 1.618)移動します。

さらに右に 0.114 (O 点の X 座標は 1.732)移動、さらに右に 0.07 (O 点の X 座標は 1.802)移動、さらに右に 0.0458 (O 点の X 座標は 1.8478)移動、さらに右に 0.0315 (O 点の X 座標は 1.8793)移動、さらに右に 0.0228 (O 点の X 座標は 1.9021)移動、とまぁ、延々この調子で変化し、T1 の O 点 の X 座標が 2.0 あたりまでいけばお腹いっぱいでしょうw

他の模様も見てみましょう。

基本形 その 1」から、T1 を時計回りに 90 度回転。T2 を反時計回りに 30 度回転します(↓)。

ここから、T1 を右に 0.414 (O 点の X 座標は1.414)移動します。

さらに右に 0.204 (O 点の X 座標は 1.618)移動、さらに右に 0.114 (O 点の X 座標は 1.732)移動、さらに右に 0.07 (O 点の X 座標は 1.802)移動、さらに右に 0.0457 (O 点の X 座標は 1.8477)移動、さらに右に 0.0316 (O 点の X 座標は 1.8793)移動、とまぁ、これも延々この調子で変化するので、T1 の O 点 の X 座標が 2.0 あたりまでいけばお腹いっぱいのはずです。

Spherical はまだまだ楽しめます。他の模様も見てみましょう。

基本形 その 1」から、T1 を時計回りに 90 度回転。T2 も時計回りに 30 度回転します(↓)。

ここから、T1 を右に 0.414 (O 点の X 座標は 1.414)移動します。

まぁ、あとはやることは同じです。T1 を右に移動して遊んでください。

ちなみにコレ(↓)は、T1 の O 点の X 座標を 1.8477 にした状態です。

それでは、他の模様も見てみましょう。

基本形 その 1」から、T1 を反時計回りに 90 度回転。T2 を時計回りに 30 度回転します(↓)。

これ(↑)も、T1 を右に動かして遊べます。

基本形 その 1」から、T1 を反時計回りに 150 度回転。T1 を右に 0.414 移動。T2 を時計回りに 30 度回転します(↓)。

これ(↑)も、T1 を右に動かして遊べます。というか、全部右に動かしてみてください(汗

基本形 その 1」から、T1 を時計回りに 30 度回転。T1 を右に 0.414 移動。T1 の Weight を 0.1 に変更。T2 を反時計回りに 30 度回転します(↓)。

基本形 その 1」から、T1 を反時計回りに 150 度回転。T1 を右に 0.618 移動。T2 を時計回りに 30 度回転します(↓)。

基本形 その 1」から、T1 を上に 1.0 移動。T2 を 右に 1.0 移動。T2 を反時計回りに 90 度回転します(↓)。

上図の状態から、T1 を反時計回りに 90 度回転。T1 の Weight を 0.2 に変更。Scale を 10.0 に変更します(↓)。

冒頭の画像は、このパターンを使っています。

少し印象の違う模様も載せておきます。

基本形 その 1」から、T1 を時計回りに 60 度回転。T1 を右に 1.0 移動。T1 の Weight を 0.2 に変更。T2 を時計回りに 60 度回転します(↓)。

Spherical はまだまだ遊べます(↓)。ですが、キリがないので、今回はこのぐらいにしておきます。

上図のパターンの中には Spherical 独特とは言えないものも多々ありますが、みなさんもガシガシ遊んで、いろんなパターンを発見してみてください。

あそうだ、今回 T1 を右に移動したときに 1.414 とか 1.732 とかいう数字がちらほら見えましたが、御存知の通り 1.414 は √2 、1.732 は √3 ですね。ルート 2 は「ひと・よ・ひと・よ・に・ひと・み・ご・ろ」、ルート 3 は「ひと・な・み・に・お・ご・れ・や」って覚えましたもんね。これらに関係するの数字は編集の際にポイントとなる数字だと思うので、頭の片隅にしまっておくと良いかもしれません。具体的には √2 (1.41421356)、1/√2 (つまり sin 45° = cos 45° = 0.707107)、√3 (1.7320508)、√3/2 (つまり sin 60° = cos 30° = 0.866025)、1/√3 (つまり tan 30° = 0.57735)です。1/2 (つまり sin 30° = cos 60° = 0.5)については、0.1 刻みで編集すれば通過する値なので、覚える必要はないですね。

さてと、次回はどうしたものか…。早くもネタ切れ気味ですが、まぁどうにかなるでしょう(汗

————————————————————————————————————————

最後に、その他の画像をアップして終わります。

TITLE : 三角の世界 – World of triangular – 20121110-2103-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 2.0, Brightness: 1.5, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 38000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 42 minute(s) 1.96 second(s)
Transform count: 2
Has final transform: No
Used plugins: linear
————————————————————————————————————————

TITLE : めまい – Vertigo – 20121110-2014-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 2.0, Brightness: 2.0, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 38000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 41 minute(s) 21.65 second(s)
Transform count: 2
Has final transform: No
Used plugins: linear
————————————————————————————————————————

TITLE : 四角い波紋 – Square ripple TYPE White – 20121110-2029-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 2.0, Brightness: 2.0, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 38000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 42 minute(s) 42.72 second(s)
Transform count: 2
Has final transform: No
Used plugins: linear
————————————————————————————————————————

TITLE : 四角い波紋 – Square ripple TYPE Black – 20121110-2029-01

 

この画像は、上の TYPE White の明度を下げたものです。

広告

投稿日: 2012/11/17 カテゴリー: Apophysis 7X, Fractal, Tutorial タグ: , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。