Apophysis – Footnote – parameter セーブの注意点 –

Apophysis をはじめて使うと、編集結果の保存手順に迷うと思われます。 なので、注意点をまとめておきたいと思います。

まず、複数のパラメーターを同時に編集することはできません。 パラメータを編集した後で違うパラメーターを選択すると、直前に編集していた内容は破棄されてしまうので注意してください。

save all parameters では、複数のパラメータを一括で保存できます。 Apophysis の画面の左側に複数のパラメーターがあり、それら全てを保存したい場合は save all parameters を使いましょう。 しかし、パラメーターを編集している場合は、編集内容は保存されません。

save all parameters では、パラメーターの編集内容を保存できません。 編集内容を保存したい場合は save parameters を使いましょう。

save all parameters では Title を入力できません。 保存先とファイル名だけを入力して保存しましょう。

えと、私の場合はまず、自分専用のパラメータ保存ファイルを作って、全てそこに入れるようにしています。
自分専用の保存ファイルは、

  • 編集結果保存用(ファイル名は MyParameters.flame とか) と
  • ランダムお気に入り保存用(MyFavorites.flame とか)

があります。

これらのファイルは save parameters で作ります。 何でも良いのでパラメーターを選択し、 save parameters で保存しましょう。 ファイル名は上記の二つですね。 Title は編集してもしなくても良いです。

で以降は、

編集したデータを保存する場合は save parameters で MyParameters.flame に保存します。
格好良いランダム生成データが出来た場合は save parameters で MyFavorites.flame に保存します。

二つ目のデータを保存してしまえば、最初に保存したデータは削除しても問題ないです。 MyParameters.flame なり MyFavorites.flame なりを開き、最初に保存したデータを削除し、save all parameters で保存してください。

save all parameters の使い道は、上記のように複数のパラメーターデータから何かを削除した場合や、パラメータを大量にランダム生成して、しかも気に入った画像も沢山できた場 合、不要なパラメータを削除して save all parameters で保存するとかでしょうか。

この部分の動作は、ソフトの挙動を覚えておかないとせっかく作ったデータを失ってしまい、非常に残念な思いをします。 くれぐれもデータを消失しないように、十分練習しておくことをお勧めします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。