Apophysis – Menu Bar – Flame –

——————————————————————————–

Reset location :

仮レンダリング画像が画面の中央付近に描画されるように調整します。 押す度に微妙に位置が動きます。
お任せにするより、自分で調整したほうが良さそうです。

Randomize :

フレームをランダムで生成し直します。 ひょっとしたら傑作が生まれるかもしれませんね。
ランダマイズで生成される画像の設定を調整する場所は「Options」のなかの「Random」タブにあります。
また、使われるバリエーションの指定は「Options」のなかの「Variations」タブでできます。

Random weights :

フレームのウェイトをランダムで変更するようです。 選択されるウェイトは、1 以下のようです。
ところで、ウェイトって何でしょうねぇ(汗)。

Equalize weights :

フレームのウェイトを 0.5 にするようです。
ウェイトというのはトランスフォームエディタで設定できる値なのですが、意味不明です。

Compute weights :

ウェイトの計算をするようですが、ウェイトの値は何も変化しません。 う~ん、意味不明です。

Calculate colors values :

これは使えるかもしれない。 トランスフォームへの色の割り当てを均等に割り当てます。 トランスフォームエディタで各三角の色を設定できますが、このボタンを押すと、全ての三角形で値を均等割りしくれるようです。 三角形が3つなら、 1 つ目は 0.0 、 2 つ目は 0.5 、 3 つ目は 1.0 という感じです。

Randomize color values :

各トランスフォームへの色の割り当てを、ランダムで設定しなおします。

Render to disk :

選択しているフレームパラメータでレンダリングした結果をハードディスクに記録します。 こんなウィンドウが開きます。

Render all flames :

全てのフレームパラメータを一括でレンダリングして記録できるようです。 使った事は無いですが、ダウンロードしたフレームパックを一気にレンダリングしたい場合は便利かもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。