Apophysis – Options – Display –

——————————————————————————–

Quality :

メイン画面の仮レンダリング結果の質の設定です。 大きくすると結果を見るのに時間がかかるので、変更しない方が良いかもしれません。

Gamma :

こちらを参考にしてください。 ですが、特に変更する必要は無いと感じます。

Brightness :

こちらを参考にしてください。 ですが、特に変更する必要は無いと感じます。

Vibrancy :

こちらを参考にしてください。 ですが、特に変更する必要は無いと感じます。

Gamma threshold :

こちらを参考にしてください。 ですが、特に変更する必要は無いと感じます。

Oversample :

oversample は、大きくレンダリングして、その結果を縮小するための数字です。 値が「2」だと、2 倍で画像を生成し、その結果を縮小するようです。 こうすることで、より精細な結果を得られるようです。 レンダリング時間に影響するので、特に変更する必要は無いと感じます。

Filter radius :

filter radius はたぶん、描画する各点のボケ足の設定ではないかと思っています。 数字が小さいと画像に粒子感を感じるだろうし、大きすぎると滑らかすぎ(ぼける?)になると思います。 レンダリング時間に影響するので、特に変更する必要は無いと感じます。

「Low quality」「Medium quality」「High quality」 :

これは想像になってしまいます。 諸々の仮レンダリング画像を右クリックすると表示されるレンダークオリティを選択できるようになっていますが、その質のセッティングでは無いでしょうか。 特に変更する必要性を感じていないので、デフォルトのままです。

Extended preview buffer by :

う~ん。 これも不明です。 変更しても、特に仮レンダリング時間に変化は無いようなので、デフォルトのままで良いのではないかと思っています。

Show transparency :

背景の透過設定です。 メニューバーにも同様の機能のボタンがあるので、ここは編集しないでも良さそうですね。

Zooming mode :

ズームの際、質を優先したいか、速度を優先したいかを選択できるようです。 速度を選択した場合、質は落ちますが、速度は確かに速いです。 ズーム時の仮レンダリングが表示されるまでに遅すぎる場合は、速度優先にすると良いでしょうね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。