Apophysis – Options – Random –

——————————————————————————–

Number of transform :

フレームパラメータをランダム生成する場合の、三角形の数の範囲を指定できます。 最小の数と最大の数です。

Mutation transform :

mutationによって生成される三角形の数の範囲を指定できます。 最小の数と最大の数です。

Forced symmetry :

左右対称を強制します。 タイプは「none(無し)」、「bilateral(左右対称)」、「rotational(回転)」、「dihedral(二面角)」があります。 回転と二面角については、order と limit を指定できるようです。 それぞれのタイプについては私の知識の限界で上手く説明できませんが、左右対称は文字通りなのでわかりやすいと思います。 回転は、基本パターンを order の数ぶん回転させることで得られる図形でしょうか。 二面角については、万華鏡をイメージしてください。 一般的な万華鏡は鏡を正三角柱に組み合わせます。 コレを覗いたときに見える画像は、正三角形 6 枚によって構成された円です。 二面角はこのような画像を得ることが出来ると思います。 この時 order は何枚の三角形で円を構成するかを指定していることになります。 すみませんが、 limit についてはマジでわかんないです(泣)。

Batch size :

ツールバーの「file」→「random batch」を実行したときに自動生成されるフレームパラメータの数を指定できます。

Title prefix :

フレームパラメータのタイトルに使う文字です。 番号の前に、ここで指定した文字が付きます。

Keep background color :

ランダム生成するフレームの背景色を、指定の背景色で維持するかしないかを指定できます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。