ブログアーカイブ

Apophysisの使い方:エディタでの編集

TITLE : 岬・夕日 – Cape / Sunset – 20121103-1009-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 2.0, Brightness: 20.0, Gamma_threshold: 0.001
Quality: 32000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 47 minute(s) 52.76 second(s)
Transform count: 4
Has final transform: No
Used plugins: flatten, julian2


エディタでの編集…

使い方に関する記事も今回で一区切りです。

今まではランダム生成とミューテーションについて書いてきたので、最後はエディタでの編集ですね。しかし、エディタでの編集についてはそれ程書くことはないのです。

というのも、エディタでの編集についてを理解するということは、半分は機能を理解することで、もう半分は機能の扱い方を理解することだと思います。しかし、それらについては今までにもチョロチョロと書いているのです。なので今回は主に、それらの記事を参照しながら補足を書いていこうと思っています。

続きを読む

Apophysisの使い方:ミューテーション

TITLE : ねじれた空間 – Twisted space – 20121019-0143-01

Tool information: Apophysis 7X.15D+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 2.5, Brightness: 2.0, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 26000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 41 minute(s) 20.96 second(s)
Transform count: 4
Has final transform: No
Used plugins: linear, flatten, julian
————————————————————————————————————————

今回はミューテーション!

前回は Apophysis 7X 自体の初歩的な設定やランダム生成用の設定と、Apophysis 7X を使う上でのちょっとした注意点やデータの管理例、レンダリング前の初歩的な調整方法やレンダリングの設定などについて書きました。

今回も、前回に引き続いて Apophysis 7X の使い方を書いておこうと思います。

今回は予告通りミューテーション機能についてです。前回同様、Apophysis 7X.15D を使って説明します。

続きを読む

Apophysisの使い方:ランダム生成

TITLE : 雲 – Cloud series 001 – 20121013-1503-01

Tool information: Apophysis 7X.15C+ Photoshop
Multithreading: 10
Gamma: 2.25, Brightness: 1.0, Gamma_threshold: 0.01
Quality: 42000
Oversample: 4, Filter: 0.6
Total time: 47 minute(s) 9.85 second(s)
Transform count: 5
Has final transform: No
Used plugins: linear
————————————————————————————————————————

ついつい調べてしまう、ソフトの使い方

このブログへお越しの方の検索キーワードで常に上位に入るものといえば、やはり「Apophysis 使い方」です。私も Apophysis を使い始めた頃には同じキーワードで検索した記憶があります。しかし今となっては「何がわからなかったのかがわからない」という状態でして、いまさらランダム生成について書いてもなぁと思っていたのですが、紹介するチュートリアルもネタ切れとなってしまったので、せっかくなので初心に戻り、ランダム生成での遊び方を書いておこうかなと思います。 続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。